のすけ日記

嗜好と思考と試行

DAZNとHUAWEI nova

DAZNの登場でケータイの運用の仕方の見直しを迫られる~

現在はauガラケー+白ロム(格安SIM)でケータイを運用しているが、DAZNの登場により考え直す必要が出てきた。というのもdocomoユーザーは月額で850円ほどDAZNが安くなるからだ。

 

ここでまず、ガラケーを端末とSIMともにdocomoにする必要がある。でも一括0円かつ月々サポート付きなんて案件は年にほとんどみないので、端末代がネックになる。中古の端末を用意すればいいかとも思うが、どうせなら2台持ちをやめて1台にまとめたいな。。なんて思ってたらDSDS(デュアルスタンバイ)のスマホがあったことをたまたま思い出し、じゃあ通話用SIMをFOMAに、データ用SIMを格安SIMにすれば一件落着じゃん!と思ったが問題も出てきた。

 

防水・おサイフケータイワンセグを諦めないとならない。防水とワンセグはあったらラッキーくらいだがおサイフケータイは欲しいな…と。

 

調べてみるとおそらくDSDSかつおサイフケータイのスマホは存在しない。

 

選択肢はふたつ…

①2台持ちのままでガラケーだけdocomoにする

②DSDS機+カードで電子マネー

 

ケータイにおサイフケータイが付いてたら便利だけど、なければないでとくに困りもしないということで②で行くことに。調べてみるとコンパクトなDSDS機を発見!

~HUAWEI novaをフリマアプリで調達&使えるようになるまで~

まずこのスマホFOMAは単独では使えない仕様になっている。2つのSIMスロットを埋めると使えるようになる。※ただし、SDカードやダミーSIMでは動作しないとの報告あり。

 

 MNPFOMA SIMに乗り替えるため、ドコモショップへ。手続きの途中で持ち込みの端末ではバリュープランを選べないと告げられる。こちらは予め用意しておいた、持ち込みでもバリュープランを選択できる旨が記載された公式サイトのページを見せる。スタッフが電話で確認後、無事乗り換え完了。技適マークがある端末かどうか確認されるとネットで見たが特になし。

さてもうひとつ頼んでおいたmineoのデータ通信用SIMが届いて…ない!ダメ元でFOMA SIMとダミーSIM(micro SIMを切った)を入れてみると…たまにFOMA SIMがスタンバイになる笑(microSD)。というわけでDAZNを申し込み(dアカウントが必要)。ちょうどその日に観たい試合があったので得した気分に。

数日後、mineoのSIMが届き通話もデータ通信も問題なく利用できた。

~HUAWEI novaを利用してのレビュー~

指紋認証の精度がよくめちゃめちゃ便利

・DSDS機でおそらく唯一の5インチで絶妙なサイズ感

au網もカバー

・スマートネットワーク選択でWi-Fiの自動オンオフが地味に便利

~まとめ~

 今のところ特に問題もなく快適に使えてる。安くしたいだけならnova lite一択だと思うが、DAZNを契約しているアナタ!必見です。

 

追記:SPモードやパケ放題の解除は忘れずに!

 

格安SIMを使った位置情報取得の不具合について

キャリア版スマホ+MVNOのSIMでは位置情報の取得が不安定(キャリアのSIMではキャリアのサーバーに接続して位置情報を取得し、格安SIMでは衛星に直接接続して位置情報を取得するらしい)だということで、これまでA-GPSを導入することで解決できていた。

しかし、今日だんだんと不安定になり最終的にはまったく位置情報をつかまなくなった。思い当たるフシは「Wi-Fiスキャン」を昨日OFFにしたことくらい。

まさかと思い「Wi-Fiスキャン」をONにしたところ、位置情報をつかめるようになった。

 

Wi-Fiスキャン」は近くのWi-Fiスポットから位置情報を取得する機能らしいが、技術的なことはよくわからず…

 

端末はSCL23にて。

 

追記:そのあとA-GPSのアプリをアンインストールしてみたが問題なく位置情報は取得できている…そもそも「高精度」に設定していればA-GPSに接続しているらしい??

play.google.com

Windows Vistaの異常なCPU使用率の原因と解決法

何も重い処理はしてないのにファンがうるさいのでタスクマネージャーで確認してみると「svchost.exe」の数値が50前後を推移している。しばらく解決できていなかったが解決したので備忘録的に解決方法の過程と結果を書く。

 

検索にかけてみると、Windows7ではWindows Defenderを切れば治るらしいので切ろうとしたらもう切ってある。

 ↓

他にめぼしい検索結果が出てこない。たまたまWindows Updateが永遠にアップデートを探し続けることがあることを見つける。

 ↓

自動更新から手動に変更する。

 ↓

これがビンゴでCPUの暴走が止まる。